不動産開発事業

不動産開発事業では、大規模開発プロジェクト「共生(ともいき)日本ゲートウェイ成田プロジェクト」をはじめ、自己勘定によって取得した不動産を、開発を通じて価値を増加させたうえで運用または売却する投資事業を行っています。
事業効率を高めるため、優良な用地仕入れルートを確保し、情報を入手したら即座に適正価格の算出、最適な物件態様の開発企画ができるよう体制を整えています。

ともいき、にっぽん/共生日本ゲートウェイ成田/TOMOIKI NIPPON GATEWAY NARITA

日本の玄関口「成田国際空港」へ車で3分のロケーションに、唯一無二の本物志向の街を創造!
「インバウンド消費」と「メイド・イン・ジャパンの海外進出」の2つのコンセプトを具現化するのが
『共生(ともいき)日本ゲートウェイ成田』です。

成田国際空港ゲートへ車で3分、12万坪の計画地

日本の玄関口「成田」に、日本が世界に誇る商品・サービス・ビジ ネスが集う「本物志向の街」が誕生します。

成田インターチェンジの目の前、成田国際空港へ車で3分の場所に、12万坪の緑豊かな土地を確保。東京都心まで車で50分の利便性があり、国内外からの多くの来客が見込めます。

商業ゾーン「にっぽんもーる」

世界の人々に本物の日本文化を五感で体感していただき、古き
日本文化&新しい日本技術を世界に広める!

日本伝統の木造建築が立ち並び、日本の町並みを再現。全国47都道府県の特産品が揃う日本最大の特産品市場や、製造・加工過程が見える工房で「見て」「食べて」「楽しむ」グルメ横丁など、日本の伝統・文化・売れ筋が楽しめるテーマパークを創造します。

ビジネスゾーン「にっぽんBizもーる」

メイド・イン・ジャパンの品質を世界に広めるためのビジネス支援ゾーン

ジャパン・ブランドの世界進出支援と創造の実践のためのビジネスゾーンが「にっぽんBizもーる」です。「エネルギー・環境産業」「健康・医療産業」「Made in Japan Design」を中心として、融資・出資、商談のためのコンサルティング、通訳支援、世界的メディアを活用したマーケティング支援などで世界販路拡大をサポートします。

その他の開発事例

自社開発マンションについては、立地を厳選することはもちろん、デザイン性・健康志向・安全重視など、時代のニーズに即した魅力の高い企画設計に努めています。また、一部のシングル・ディンクス向けマンションは「キャピトルシリーズ」、「アリスマナーガーデンシリーズ」としてブランド化し、信頼性の向上を図っています。また、シニア向けマンション事業用の物件や、ファンド事業用の組入物件の確保も目的としており、事業間でのシナジー効果を発揮しています。

  • アリス・マナーガーデ
    ン銀座ウォーク

  • プレール・ドゥーク
    門前仲町

  • グラン・ファミィユ島
    之内

  • キャピトル西本町

  • キャピトル新町南公園

お知らせ

2018.12.10 共生日本ゲートウェイ成田プロジェクトの概要を公開しました。