農業事業

農業事業では、「AGREVO農法」に基づく耐寒性植物の生産・販売を通じて、世界の農業に貢献し、人類の食糧問題・地球環境問題の解決を目指しています。

先進農業テクノロジーで、農業に革命を。Agriculture Revolution

AGREVO農法は、独自の工程によって土壌の栄養素を「電子レベル」まで分解させ、
植物の順応性を最大限に覚醒させる技術です。
植物の栽培可能地域を塗り替えるこのテクノロジーで、これまで熱帯でしか栽培不可能だった
バナナやコーヒー、パパイヤなどの農作物を生産・販売し、世界の食糧問題解決へ貢献していきます。

Farm Products

ともいきバナナ

AGREVO農法を用いて、これまで日本国内では栽培不可能であった熱帯果樹の1つである「バナナ」を生産・販売しています。栄養豊富で低カロリーなバナナは、デザートはもちろん調理用食材としても優秀であり、世界の食糧問題に対して有力な解決策の1つになる食糧です。

栄養化が高いバナナが日本でも育つ

本来バナナは熱帯性の植物であり赤道直下の地域でしか育ちませんが、AGREVO農法により栄養化の高いバナナが日本でも育つようになりました。

病害虫耐性が高く、無農薬栽培が可能

AGREVO農法によって発芽させた苗は病害虫耐性が高く、通常は果実では難しい無農薬栽培が可能です。そのため、皮ごと食べることができます。

約3倍の生育速度

処理後の植物は、未処理の植物に比べて、約3倍の生育速度が確認されました。1年に何度も収穫・出荷を行うことができ、経済的な農業運営が可能です。

Missions

  • 世界における/食糧難/の解決
  • 就農者高齢化による/耕作放棄地/の減少
  • 環境変化による/鳥獣害被害/の対策
  • 健康と土壌を守る/無農薬化/の推進
世界における/食糧難/の解決/就農者高齢化による/耕作放棄地/の減少/環境変化による/鳥獣害被害/の対策/健康と土壌を守る/無農薬化/の推進